MENU

幼児の便秘には乳酸菌入りの青汁がおすすめ!

幼児の便秘におすすめの子ども向け青汁をランキングしました。

 

そして特に気になる、
幼児の青汁選びで大切な安全性と飲みやすさ
についても本当のところに迫ってみました。

 

善玉菌の配合が便秘を防いでくれる

幼児の便秘は、子どもだけでなく親も見ていてつらいですよね。真っ赤な顔して泣いて痛がる我が子の姿に、何とかしてあげたいと必死になりますよね。

 

もし一週間以上もお通じがなくて、少し出たものがカチコチの小石のようになっているなら、まずは病院で浣腸をしてもらうなどして取り除いてもらったほうがよいでしょう。

 

大切なのはその後です。

 

何度も便秘を繰り返す幼児は、体質や環境のせいで腸内環境が整いにくくなっていることが考えられます。
泣いている女の子

 

そのようなお子さんこそ、青汁を毎日飲むことで便秘に悩むことが減っていくことでしょう。

 

というのも、青汁の原料である野菜やフルーツにはたっぷりの食物繊維が含まれています。

 

この食物繊維は、便の元をつくるとともに、腸内に棲息する乳酸菌やビフィズス菌のエサとなり、腸内環境を整える働きがあるのです。

 

食物繊維をたくさん取り入れた乳酸菌などの善玉菌は、腸内に酢酸や乳酸をたくさん産生し、それが腸の運動を活発にしてスムーズな便通を促してくれます。

 

また、善玉菌が元気になると、腸内環境を悪化させる悪玉菌が減っていきますから、便秘をしにくくなる良い循環が生まれていきます。

 

ところで便秘の幼児のために青汁を選ぶ際には、もう一つ注目してほしいポイントがあります。

 

それは善玉菌が配合されているかどうかという点です。

 

乳酸菌やビフィズス菌が配合されている青汁を摂取するということは、腸内環境を良くしてくれる働き手(善玉菌)とそのエサ(食物繊維)を一緒に取り込むということです。

 

これなら、ますますお腹の調子も良くなっていきそうですよね。

 

もちろん子どもに与えるものですから、飲みやすさや安全性といった点もチェックしておきたいですね。

 

以下に便秘の幼児に向いていると思われる青汁をランキング形式でまとめましたのでご参考にされてください。

 

幼児の便秘おすすめ青汁ランキング

特に乳酸菌・ビフィズス菌を配合している青汁で子ども向けのものを厳選してランキングしました。

 

ただし、3位の「グリーンミルク」については乳酸菌は配合されていませんが、その他のカルシウムやDHAなどの成分が魅力的ですし、ヨーグルトに混ぜることで乳酸菌も摂れるので取り上げてみました。

 

幼児の便秘おすすめ青汁1位 こどもバナナ青汁


幼児の便秘おすすめ青汁1位 こどもバナナ青汁の特徴

こどもバナナ青汁の特徴は、
・150億個(ヨーグルト15個分)の乳酸菌とビフィズス菌を配合
・国産大麦若葉を中心に野菜13種類、フルーツ6種類で食物繊維もしっかり
・ 50種類以上の栄養素を含むスーパーフードのスピルリナを配合
・飲みやすいバナナ味で牛乳を入れるとバナナオレに
・ミネラル豊富な黒糖も便秘改善にマル
・3万本の販売実績あり
・60日間の返金保証つきで安心してお試しできる
という感じです。

価格 容量 評価
定期初回980円 1箱30包 幼児,便秘,青汁
原材料
?大麦若葉末、バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、黒糖粉末、ビフィズス菌末(デキストリン、殺菌ビフィズス菌体)、乳酸菌末(デキストリン、殺菌乳酸菌体)、スピルリナ粉末、明日葉末、果汁混合粉末(デキストリン、リンゴ果汁、グレープフルーツ果汁、パイナップル果汁、マスカット果汁、ピーチ果汁)、ケール末、ブロッコリー末、カボチャ末、チンゲン菜末、パセリ末、ニンジン末、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、トマト粉末、香料、乳酸菌、乳化剤【アレルギー表示】乳、バナナ、リンゴ、もも
備考
定期コース2回目以降は3,700円。最低2回の継続が条件。
こどもバナナ青汁の総評

便秘体質の改善のカギとなる善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)をたっぷりと配合しているのが特徴です。でもそれだけでなくスピルリナを配合するなど、子どもにとっては十分すぎるほどの高栄養ドリンクとなっています。
飲みやすいバナナ味で、ほとんどの子は嫌がらずに続けてくれそうですから、助かりますよね。
定期コースなら、初回980円で始められます。2回の継続が条件ですが、子どもに合わなければ2回分の代金を返金してもらうことが可能です。

幼児の便秘おすすめ青汁2位 グリーンミルク


幼児の便秘おすすめ青汁2位 グリーンミルクの特徴

グリーンミルクの特徴は、
・土づくりからこだわった有機栽培の大麦若葉使用(九州産)
・1杯で650mg(牛乳3本分)のカルシウム
・脳と神経の発達に欠かせないDHA、EPAを配合
・58種類の野菜発酵酵素と食物繊維
・専用シェイカープレゼント(定期コース)
・保育園でも採用されている安心品質
という感じです。

価格 容量 評価
定期コース4,200円 150g(5g×30包) 幼児,便秘,青汁
原材料
還元麦芽糖、有機大麦若葉末、クリーミングパウダー、DHA・EPA含有精製魚油、ミルクカルシウム、抹茶粉末、難消化性デキストリン、植物発酵エキス末、卵殻カルシウム、ステビア(甘味料)、ビタミンC【アレルギー表示】卵・乳・やまいも・りんご
備考
グリーンミルクの総評

グリーンミルクには、乳酸菌は配合されていないものの、たっぷりのカルシウムとDHA・EPAが配合されている点は捨てがたい魅力があります。
どちらも子どもの体や脳の発達に欠かせない成分ですから、牛乳が嫌いだったり、青魚をあまり食べなくてカルシウムやDHAが不足がちなお子様にはピッタリの青汁です。
ヨーグルトに混ぜて食べるようにすれば、乳酸菌もしっかりとれるので便秘の改善面でも効果を期待できそうです。

幼児の便秘おすすめ青汁3位 こどもフルーツ青汁


幼児の便秘おすすめ青汁3位 こどもフルーツ青汁の特徴

こどもフルーツ青汁の特徴は、
・乳酸菌、ビフィズス菌配合
・大麦若葉使用(九州産)
・14種の野菜と4種のフルーツ使用
・保存料、着色料無添加
・カルシウムが1杯140mg
・1日50mlの少量でOK
・GMP認証工場で製造
・1ヶ月間の返金保証付き
・専用シェーカープレゼント(定期コース)
という感じです。

価格 容量 評価
8,208円(税込) 120g(4g×30本)×2箱 幼児,便秘,青汁
原材料
大麦若葉末、サトウキビ糖、黒糖、果汁パウダー(りんご濃縮果汁、デキストリン、砂糖)、バナナパウダー(分岐オリゴ糖、バナナピューレ、デキストリン)、マンゴーパウダー、ケール末、ビフィズス菌(デキストリン、殺菌ビフィズス菌体)、ブロッコリー末、乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)、かぼちゃ末、チンゲン菜末、パセリ末、人参末、セロリ末、苦瓜末、ほうれん草末、桑の葉末、モロヘイヤ末、よもぎ末、トマト末、温州みかん、貝カルシウム、香料、酸味料、乳化剤、(原材料の一部にバナナ、乳、りんごを含む)【アレルギー情報】バナナ、乳、りんご
備考
2箱セットなので価格がお高めになっています。今だけ無料サンプルプレゼント中。
こどもフルーツ青汁の総評

野菜・善玉菌・カルシウムをしっかりと配合しており、なおかつ飲みやすさも追及したバランスの良い子供用青汁です。無料サンプルでお試しできるのもうれしいですね。

 

幼児の便秘の原因と青汁

野菜嫌いの子供

 

赤ちゃんの時の便秘は、母乳の質や離乳食の進み具合など特有の原因が考えられますが、幼児になると大人と似たようなことが原因で便秘になる可能性があります。

 

大人は不規則な生活や食事、ストレスによって排便リズムがおかしくなることが多いですが、幼児も入園など環境に変化が生じると心理的影響を受けて、それが便秘につながることもあります。

 

また食べ物の好き嫌いが多くて栄養が偏ることもお通じを悪くする要因になります。

 

特に野菜嫌いのお子さんの場合には、どうしても食物繊維の摂れる量が限られてきます。

 

子供の大好きなハンバーグやエビフライ、オムライスなどの料理にはほとんど食物繊維が含まれていません。

 

食物繊維はウンチの元となってカサを増すだけでなく、腸内の善玉菌のエサとなって、腸内環境を整えるのに欠かせない成分です。

 

腸内環境が整うと腸の運動は活発になり、便もスムーズに出口のほうへと送り出されていきます。

 

逆に食物繊維をしっかり摂っていないと、腸内では悪玉菌と呼ばれる細菌が増えて、腸内の内容物を腐敗させてしまいます。

 

その結果、ますます腸の働きが悪くなり、便秘になりやすくなる悪循環が起きてしまいます。

 

子供用青汁で美味しくタップリ食物繊維

元気いっぱいの女の子

 

キャベツなど緑黄色野菜はビタミンも豊富で、子どもの成長に欠かせない栄養がいっぱい詰まっています。

 

ですから、単に便秘解消の目的だけでなく、子どもの成長と健康のために野菜の栄養はしっかりと摂取しておきたいところです。

 

でも、いろいろ工夫してもなかなか食べてくれなくて、心配するママたちも多くおられるようです。

 

そこで子供用の青汁の出番です。

 

子供向けに開発された青汁なら、甘みがあり、ジュース感覚でゴクゴク飲んでくれます。

 

しかも、栄養価の高い大麦若葉などの原材料が使用されていますから、食物繊維だけでなく豊富な栄養を毎日しっかりと吸収できるというわけです。

 

そこに乳酸菌やビフィズス菌が配合されているなら、ますますお腹の元気に役立ちます。

 

お腹の調子を良くしてくれる菌を、食物繊維というエサつきで腸内に届けるのですから、一生懸命に働いてくれることでしょう。

 

お腹が元気だと気持ちも明るくなる

 

子どもは子どもなりにいろいろと悩むことがあり、そのストレスが便秘の原因になることがあります。

 

でも、青汁でお腹の調子が良くなると、ストレスは軽くなる可能性があるのです。

 

というのも、腸ではセロトニンという神経物質が生成されており、このセロトニンが脳に送られると、精神を穏やかにして、幸福感を増すような作用があるのです。

 

ですから、お腹の調子が良いとセロトニンも十分に分泌されて、ストレスを感じにくく、逆に幸せを感じやすくなるのです。

 

このように考えると、青汁は幼児の心と体の成長を支えてくれる魔法のドリンクとも言えそうですね。

 

幼児のための青汁は安全性と飲みやすさで選ぶ

親子で考える

 

いまや健康食品の代表ともいえる青汁ですが、幼児に与える場合には、大人のものとは異なった注意点があります。

 

それが、安全性と飲みやすさです。

 

安全性で選ぶ

幼児は大人ほどの解毒機能が発達していません。そのために化学合成された添加物やその他の有害物質をきちんと排出できないという特徴があります。

 

実際に一部の食品添加物は、専門家から有害性が指摘されているものもありますから、なるべくそのような添加物が含まれていないものを選びましょう。

 

特に青汁に含まれることの多い添加物で心配なものとしては、人工甘味料(アスパルテーム・スクラロース・アセスルファムK)や保存料(安息香酸Na)、着色料などがあります。

 

子どもが毎日、もしかしたら何年も飲み続けるものですから、心から安心できるものを選びたいですね。

 

また最近は子ども用の青汁も、市販や通販を問わず様々なメーカーから販売されていますが、人気の商品の類似品や偽物も増えています。

 

そして、そうした偽物についてはコストを下げるために原材料の質を下げ、かわりに食品添加物を多用してごまかすということも行われますから注意が必要です。

 

飲みやすさで選ぶ

大人は健康のためと思って味が少々まずくても我慢して飲み続けることができます。でも子どもの場合はなかなかそうはいきません。

 

不味いものを我慢して毎日飲み続けるほどの健康への意識はありませんから、親としても飲ませるのに一苦労ですし、徐々に飲まなくなってやめてしまうかもしれません。

 

便秘を繰り返さないためにも、青汁を毎日飲み続けるということがとても大切ですから、子どもが喜んで自分から飲んでくれるような飲みやすいもの、おいしいものを選びましょう。

 

ジュースのような感覚で飲めるフルーツ味の青汁もありますし、牛乳に入れたり、ヨーグルトにかけたりと、レシピを変えることで飽きずに飲んでくれることが多いようです。

 

便秘の幼児に一番のおすすめは、こどもバナナ青汁!

おすすめ

 

幼児の便秘に向いている3つの青汁を取り上げてきましたが、やはり私の一番のおすすめは、こどもバナナ青汁です。

 

まずはヨーグルト15個分のたっぷりの乳酸菌とビフィズス菌が配合されていますから、お腹の調子を整える点ではかなり期待できますよね。

 

それだけでなく、栄養価という点では大麦若葉に加えて、スーパーフードとして話題のスピルリナまで配合されていますから、毎日しっかりと栄養補給できるのは心強いですね。

 

ほんのり甘いバナナ味なので、子どもも喜んで飲んでくれますし、価格設定も他の青汁と比較してお手頃です。

 

60日間の返金保証も付いていますから、どうしても子どもに合わないときは代金を全部返金してもらえて安心です。

 

善玉菌の配合量・栄養価・飲みやすさ・コスパ・試しやすさなど総合的に考えて、こどもバナナ青汁を一番にお勧めします。

 

公式サイトではお得な料金プランや返金保証など特典付きで申し込めますし、公式サイトを確認しておくと類似品や偽物を買ってしまう心配もありません。

 

こどもバナナ青汁の公式サイトへは以下のボタンをクリックしてアクセスしてださい。